あらすじ

そんなに遠くない昔、この国が戦争で戦っている頃、とっても優しく、とっても家族想いな4人兄弟がいました。
その頃は、食べる物も少なく自由に喋ることも出来ませんでしたが、その4兄弟がいる場所は神様からのプレゼントのように、笑いが絶えない、奇跡の時間が流れていました。もしかしたらそこは・・・。

「当たり前に会って、当たり前に笑って、そんな日がいつの日か奇跡だったって思える日がくるかもしれない」かけがえの無い時間を「奇跡の時間」と称し、誰の心の中にも眠っている仲間との時間、託された想いを描いていく。 そんな舞台「大きな木の下で」に続く「大きな~シリーズ」の第二弾。

トップにもどる

あらすじ

そんなに遠くない昔、この国が戦争で戦っている頃、とっても優しく、とっても家族想いな4人兄弟がいました。
その頃は、食べる物も少なく自由に喋ることも出来ませんでしたが、その4兄弟がいる場所は神様からのプレゼントのように、笑いが絶えない、奇跡の時間が流れていました。もしかしたらそこは・・・。

「当たり前に会って、当たり前に笑って、そんな日がいつの日か奇跡だったって思える日がくるかもしれない」かけがえの無い時間を「奇跡の時間」と称し、誰の心の中にも眠っている仲間との時間、託された想いを描いていく。 そんな舞台「大きな木の下で」に続く「大きな~シリーズ」の第二弾。